【第5回MAP USP実施完了】ビジネスの欠片も知らなかった学生による新規事業開発

[2020年9月12日]

第5回MAP USPを実施完了いたしました。
(MAP USPとは:MAP USPの概要、実施内容、誕生までの話を是非左のリンクからご覧ください!)

MAP USPとは学生向けに無料で不定期開催しているプログラムで、参加者の「やりたいことの軸=価値観」の明確化、プロの経営コンサルタントによるビジネスの定義や課題解決の思考法等のレクチャー、実際の経営課題の解決策策定プロジェクトを実施し、参加者が自分らしいキャリアを歩むために必要な知識やスキルを獲得するのを支援するものです。

 

初回集合研修から2週間後に予定されている施策提案会は模擬的なものではなく、経営課題を提示してくださった事業会社の役員にも参加していただき、実際に施策を提案します。

 

第5回の MAP USPでは8月末に初回研修を、9月の第2週末に施策提案会を完全オンラインにて実施いたしました。

参加者からは、
・最初の2日間で学んだ自分の姿・価値観やビジネスの本質は、もちろん自分の財産になりましたし、中間報告やプレゼンに対して頂いたフィードバックのすごさにただ驚きました。

・杉本さんを始めとする運営側のみなさんが、全力でワークショップを運営してくださっていたから、参加者の私も自然と全力で挑み、1つのプロジェクトに対して2週間真摯に向き合い続けることができました。

・新しい学びを得ることができ、刺激に満ちた2週間でした。勇気を出してセミナーに参加してみることが人生を変えるという経験を初めてしたので、今後もより積極的な姿勢でたくさんのことを学んでいきたいです。

とのコメントに加え、事後アンケートにて満足度平均5.0/5.0という数字をいただきました。

実は、前回までも満足度平均4.5以上の評価を受けていたものの、満場一致の5.0は初の快挙でした。

 

 

 

 

しかし、初の快挙は満足度平均だけではありません。

今回参加者によって提案された施策が、課題を提供してくださった企業にて実装を検討されることになりました。

ビジネスの欠片も知らなかった学生が、プログラムに参加した2週間後には実際の企業で検討される新規事業を考えたのです。

もちろん、プロのコンサルタントによる本気のレクチャーやフィードバックを実施するプログラムなのでよくよく考えてみれば本当に新規事業が生まれても何も不思議ではありませんが、改めてプログラムの意義を感じることのできる嬉しい機会となりました。

 

初回集合研修にて獲得した論理的な思考力に加え、聴衆の感情に訴える助けたい気持ち、70件の回答を越えるアンケートから伝わる行動量が組み合わさったプレゼンテーションは素晴らしいものでした。

私自身、論理的な思考力ばかりに目が行きがちであることや、感情や行動から伝わる気持ちが人を動かす力を再認識することができ、運営側ではありつつも参加者の方々から学ばせてもらいました。

 

今後、施策を提案した学生が企業の新規事業にジョインして、実際にビジネスを創り上げていくそうです。

 

第5回MAP USPは非常にメモリアルなプログラムになりましたが、今後も引き続きスペシャルなMAP USPを開催していく予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

(アソシエイト 新井)